当日はどんな事が行われるのか小学校受験の内容についての解説

近年では多くのお子さんが小学校受験にチャレンジをして希望をする小学校へ通うために日々努力をしています。親御さんに関しても、我が子に適した教育概念を持った小学校に入学をさせる事で、将来を考えた良い環境の中での教育を望んでいます。世間的に大学受験をはじめ、中学受験や高校受験の情報に関してもお子さんや塾を通して多くの知識を得る事ができる環境にありますが、比較的小学校受験で行われている試験内容やその対策に関しては、小学校受験を専門にしている塾などに通えば、ある程度の知識や情報は得られるものの、一般的にはあまり知られていない部分も多くなっています。ここでは、小学校の試験当日にはどのような事が行われていて、何を基準に合否を定めているのかを説明していきます。

お子さん個人で行う試験は基本的には4種類の試験内容

全ての小学校に該当をしている訳ではありませんが、一般的に行われる試験の内容は大きく分類をして4種類のテストを受ける事になります。基本的な能力を観る筆記と運動のテストを行い、その後に行動や会話といった部分のテストを行う事になります。筆記テストは、一般的なペーパー試験と呼ばれるもので、中には小学校に入学をしてから習うような問題を出題する小学校ありますが、この結果で全てを決める小学校は皆無といっても過言ではないといえます。運動のテストでも、基本的な運動能力をみますが、必ずしも優秀なお子さんが合格をするという水準とはいえません。これらのテストはあくまでも参考程度に行っている小学校も少なくはありません。一方で行動力や会話力を観るテストはお子さんのテストでは最も大切になります。行動は集団で遊ばせることが多いのですが、他の子どもとの関係などを観たりしています。会話に関しては、試験担当のお話しなどを聴かせた後に簡単な質問などをして、その受け答えなどを観る事で、注意力や集中力などを確認しています。これらのテストは基本的にお子さんだけで行う事が多くなっています。

小学校入試で最も重要な面接とそのポイント

お子さんだけのテストだけで、入試の合否を決めている小学校は少ないのが一般的な考え方です。もちろん全てにおいて優れているお子さんは有利になる事に違いはありませんが、最も重要なテストは面接だと考えて問題はありません。面接は、親子で行う学校もありますし、保護者だけが行う小学校もあります。特に保護者との面接においては、保護者である夫婦が共に受験をする小学校の教育方針や校風を理解している事が最重要になりますし、いくら優秀なお子さんだとしても、保護者が小学校に求めている教育内容が実際の方針と違うのでは、お互いの為にプラスにはなりません。小学校受験での合否を決めるには、確かにテストで優秀な成績をだす事も必要かもしれませんが、ペーパーテストや運動能力に関しては、今よりも将来的な伸び代を考えた選択をしますので平均以下でも合格する事も充分にあります。それよりも、友達に対する接し方や小学校の教育方針に適しているお子さんかが、実際の合否には大きく影響をする事も考えられますので、学校説明会などで充分に保護者の考える方針と一致している事を確認する必要があります。