小学校受験に臨むに当たって気をつけたいこと

受験というと一般的には大学受験、高校受験などが連想されますが、最近ではより早い段階での小学校受験も珍しいことではありません。不況が長引いたことなどから、子供の人生における選択肢をより広げたいという親の教育方針が浸透し、その後の進学まで視野に入れた私立の小学校への入学を目指す受験へとつながっています。小学校受験は、限られた数の子供だけが合格し入学できるという点において狭き門である以上に、それ専用の独特のテクニックや作法などが多数存在する世界でもあります。この点をしっかりと把握し、準備を進めていくことで、望む学校にはじめて合格できると言えます。やみくもに勉強を進めるだけではなく、このような点にも注目し、受験そのものに対しても知識を得ておく必要があります。

入学試験で見られるポイントとは

小学校受験に挑戦するのは、当然小学校入学以前のごく年齢の若い子供たちです。このため、一般的な受験とされている入学試験のような学問に対しての点数ではなく、全く独自の基準を持った入学試験が行われています。数字や絵を使った試験ももちろん存在しますが、暗記や公式の類は一切登場せず、その場で問題を認識する力、考える力などといった、本人の持ち合わせている力そのものを見られる場合がほとんどです。受験対策には専門の塾に通うことが欠かせませんが、優れた結果を出しているところではこのようなベースとなる力を開花させるような教育に定評があります。詰め込み式の勉強が通用しない年齢の子供にいかに受験に通用する力を身に付けさせるかは、塾での時間以外に、家庭での学習が大きな役割を果たします。

子供自身以外に家族も審査の対象に

受験当日に学校から審査されるのは、入学を希望する本人だけではありません。親子面接という形で両親が、また、事前に提出する書類で、祖父母の代までの情報を求められるケースも珍しくはありません。受験があるレベルの小学校は、通っている生徒の質の高さも売りとしているため、身元が確かな子供だけが通えるように振り分けを行なっているのが一般的です。また、私立であれば学費や寄付金など、とにかく費用がかかるので、収入が確かな企業に勤務しているか、資産を所有しているか、などという点も見られていると心得る必要があるでしょう。面接での対応ももちろん重要で、普段家庭で無作法な話し方をしている親子である場合などは合格の可能性は非常に少なくなってしまいます。長い時間をかけて、このような入学試験に対する準備を進めていかなければなりません。