おさえておきたい小学校受験を受けるまでにすべきこと

小学校受験は簡単なものではありません。できるだけ早い段階から準備が必要です。まずは子供にしっかりとなぜ小学校受験をしなければならないのかを植え付けないといけません。ですので周りの環境が非常に大切になってきます。周りが受験に縁がない人たちでしたら、受験するというだけで白い目でみられる可能性もあります。受験するには周りの人たちを巻き込んで、協力体制をしっかり整えることが重要です。早い段階で受験することがわかっていれば、それに向けて努力しますし、周りの人たちも応援してくれるでしょう。そして少しでも早く学校説明会に行き、将来的なイメージをしっかり持ち、なぜその学校に入れたいのか、箇条書きでもいくつか挙げておくことをおすすめします。いきなり書けといわれてもなかなか書けるものでもありません。

小学校受験に向けて準備しなければならないこと

受験するにはやはり塾に通う必要があります、独学で受験される方もいらっしゃるとも思いますが、やはり最新の情報を得るためには塾は必須です。学校側の受験担当者が代わると問題の傾向が変わる可能性があります。塾は学校側と非常に連携を取っておりますので。その辺の情報はしっかり収集しております。しかし塾だけでは合格するのは難しいかもしれません。家庭での勉強も必要になります。しっかり話すことができること、最低限の運動神経があること、家族仲がいいことなど、家族みんなが受験に協力してくれていること、すべての環境が整っていないと受験には合格できません。塾は毎日行く必要はないと思いますが、情報収集の為に、週1回程度は行ったほうがよいでしょう。そして後は家でしっかり学習をすることが大切です。

小学校受験に向けて面接の練習方法

受験において面接は非常に重要です。必ずといっていいほど親子面接があります。しかしこればっかりはどういった質問がくるのか全く読めません。面接対策の塾もありますが、正直あまり意味がありません。母親はそういったものに行って、気持ちを安心させたがりますが、父親は常日頃お仕事などで人と会うことを主としておりますので、わざわざ塾に行ってまで練習することを嫌います。まずはこの家族の方向性を一つにしなければいけません。塾に行く必要まではないとは思いますが、一度だけ練習にいけば何となく雰囲気だけでもわかるでしょう。一度だけ行ってみてはいかがでしょうか。後は無理に気負わずに、普段の生活のままを伝える事です。この家族でよかったという雰囲気が出せれば合格できるでしょう。